2013年12月27日

瀬戸木鶏クラブ 第65回(12月度)定例会開催報告

第65回(12月度)例会を、12月7日(土)品野陶磁器センターの小会議室にて11名の参加で開催しました。
総リードの輪読の後、いつものように参加者各自の読後感を発表しました。
今回はとても高い視点の対談記事「日本の活路を見出す」に意見が集中、各自各様の思いを語ってもらいました。
多くの考えがありますが、「まずは日本を意識すること」が根本だという共通認識を得たことは今後の学習にも良き方向付けができたように思います。
最初の頃に比べて問題意識が高くなっていることを感じました。同時に、人間学の重要性を再認識しています。
また今回で2回目の出席となるOLの奥村さんからは、『メディアの情報が全てではなく、大切なのは様々な意見を参考に自身の眼で確認する事。褒められる事でモチベーションアップにつながり、自分を信じ継続することで生きる活路を見出す!』との感想を頂戴しました。
(伊藤保徳記) 

1.jpg

posted by 木鶏クラブ at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。