2009年01月25日

禅の言葉

伊藤保徳です。

皆さん、2月号は読み進んでいますか?
私は4、5日前から読み始めました。

2月号の「巻頭の言葉」は、新しく登場された「南無の会会長、松原泰道氏」です。

早速「禅の言葉」の紹介ですが、「看脚下」をどのように理解されましたか?

私は12〜3年前にこの言葉に出会い、色紙に「照顧脚下」という同意語を書いて部屋に掛けていた事を思い出します。

「禅の言葉」には、我々が日常使っているものも多く、調べてみると面白いものです。
手許に、松原泰道氏の『禅語百選』(祥伝社)がありますが、初版はなんと昭和47年です。
(持っているのは、平成4年の第51版です。)

一時、禅がブームになったことがありますが、今日改めてページをめくりましたが、心に響く言葉が多くありました。

2月の例会で大いに話し合いましょう。


posted by 木鶏クラブ at 22:29| Comment(0) | 気づいたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。