2011年12月30日

第41回瀬戸木鶏クラブ 例会報告

十二月例会を三日(土)九時から瀬戸品野陶磁器センターにて開催。十三名が参加しました。

特集「孔子の人間学」のリードを全員で輪読後、読後感を発表。「孔子は“こたえを持っていた人”“教えてくれた人”ではなく、常に“葛藤していた人”“理想を追い求め前に進んだ人”だと感じる。私たちも、こたえがない毎日の中で揺蕩うことに不安を抱きながらも、それでも考えることを放棄せずに、人生や仕事に向き合っていきたい」との感想が数多く挙がりました。

おわりに、菱田事務局長から、「論語の中に『徳は孤ならず、必ず隣有り』とありますが、まさに瀬戸木鶏クラブがこれ!会員のみなさんから多様な生き方や姿勢を教えてもらう貴重な機会であると同時に、素晴らしい出会いが数多く運ばれてくる場所でもあります」と発言があり、皆深く頷き、喜びの声を上げていました。

(記・内浦有美)

Aグループ討論
Aグループ討論.jpg

Bグループ討論
Bグループ討論.jpg

伊藤代表挨拶
伊藤代表挨拶.jpg

内浦さん グループ討論発表
内浦さん グループ討論発表2.jpg



posted by 木鶏クラブ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の例会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。